集中力が途切れない方法。だるさや眠気がなくなった

こんにちは みいです

毎日 いろいろと勉強してて、体について学んで、実践してみたら 集中力が途切れなくなって、体調も良くなったので、そのことを書いてみたいと思います。

 

私は、今まで 食事をしたら 眠くて眠くて、だるくてだるくて、やらなければいけないことが集中できなくなり、はかどらなくなって困っていました。

なんでこうなっちゃうかなあ?

眠さとだるさをなんとかできないかなあ

って思ってる時に、

消化酵素と代謝酵素のことを知りました。

消化酵素と代謝酵素

人間の体は、酵素によって運営されています

体内で作られる酵素は、大きく分けると

消化酵素
代謝酵素

の2種類があります

◇消化酵素は。。
食べ物を消化分解して、吸収するための酵素です

◇代謝酵素は。。
新陳代謝を良くする
免疫力を高める
自然治癒力を高める
毒素を汗や尿の中に排出する

働きがあります

 

消化酵素を使ってる時は、代謝酵素は動けない

消化酵素と代謝酵素は、一緒に働くことができなくて

例えば。。。

全部が100とするならば

消化酵素が80だとしたら、代謝酵素は20になるのです

人の体って食事した際は、消化酵素をめちゃめちゃ使うので、そっちに取られちゃう
そして、代謝酵素が減ってしまう

そうなると、代謝のエネルギーが減り、新陳代謝が良くなくなり、免疫力が弱まり、自然治癒力が低下します

食べた後は、消化酵素がたくさん働いて代謝酵素が少なくなるから、だるくなって眠くなるんだ

そっか そういうことなんだ

と知りました。

そうならないためにはどうしたらいいのかというと

◎よく噛んで食べる

◎たくさん食べない

ことが必要になります。

 

やってみた⇒結果は。。

そのことを知った私は

消化酵素をたくさん使わなくてもすむように、よく噛んで食べるようにしました

噛む回数は、30〜40回

そして、食べる量は、腹6分目くらい

よく噛んで食べると脳はたくさん食べたって錯覚するので、少量で満腹感を感じるようになります

だから、腹6分目でもお腹が満たされるのです

そうするとどうなるかというと。。

満腹感を感じてるけど、実際は満腹に食べてないので、消化にエネルギーが奪われないので消化酵素がたくさん働かなくてもいいので、代謝酵素がたくさん働いて、代謝が良くなってやる気が途切れないのです。

お腹いっぱい食べると眠くなりますが、眠くならないで、集中力が途切れずに行動できるのです

今までは、食べたら眠くなったり、だるくなったりしていたのですが

このよく噛んでお腹いっぱい食べない ということをやったら、眠くならないし、だるくならなくて、やる気が途切れなくて、やるべきことが集中して出来るようになりました。

プラス効果として。。

少量でも満足感があるので、たくさん食べなくても良くなるので、ダイエットにもなります

一石二鳥です

知識あるって大事

食べ方一つでこんなに違うなんてすごい!

よく噛んで少量にすると、こんなに変わるなんてなんていいのー!

消化酵素と代謝酵素ってすごい!

人間の体の潜在能力って本当に素晴らしい!

これを知らなかったら、毎日食事のあと

眠ーい
だるーい

って常に思いながらいろいろなことをやらなくてはいけなかった と思うと、

知れて本当に良かった と思います

知識って本当に大事ですね

勉強して本当に良かった

改めて 知らないことは損しててもったいないなって思いました

 

食事をよく噛んでお腹いっぱい食べないと、眠くなったり、だるくなったりしない

という知識を得て

集中力が途切れなくて、やることがはかどるようになって効率も良くなり、ボーーッとする無駄な時間もなくなって濃密な充実した時間を過ごせています

と同時に、効率良くなったので、今までやってた時間が短くなるので、その余った時間を、他のことをやる時間に回せるようになりました。

時間は有限なので、とても良かったと思っています

これからも、いろいろと学んで知識を得て、それをいかしてより良く生きていきたいと思います

学ぶと得ることがいっぱいで楽しいーー

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です